アメリカンカール

アメリカンカールの歴史

アメリカンカールは品種として登場した歴史が浅い比較的新しい猫です。

もともとの原種となる猫が発見されたのが1981年のことで、米国カリフォルニア州に住んでいた夫妻が自宅の玄関先にいた外猫を見つけたところ、その耳が外側に反り返るという珍しい形をしていることに気が付きました。

猫はすぐに夫婦になつきその後家に住み着いて後に数匹の子猫を出産しました。

出産した猫4匹のうち2匹は母猫と同じ形状の耳をしていたということから、この耳の形は遺伝的なものではないかということで研究者の目にとまり1983年には本格的なブリーディングが開始されていきます。

普通は三角形に尖っている猫の耳が正面から見ると丸みを帯びているアメリカンカールは大変愛嬌があり、今も世界中で人気の猫種となっています。

アメリカンカールの特徴

アメリカンカールは耳の形で注目をされていますが、性格的に陽気で人懐こく、好奇心も旺盛という性格のよさもまた飼い猫として人気を高める要因になっています。

体は筋肉質でがっちりしているのですが、体の大きさは成猫になっても小型~中型くらいのサイズまでで止まるのでマンションなどで飼育をしても特に困ることはありません。

ただ独特のみみの形状は不自然に折れ曲がっていることから汚れがたまりやすく、飼い主さんが頻繁にいじってしまうとそこから耳の病気を罹患しやすくなります。

耳の清潔を保つとともにあまり乱暴に触ったりしないように気をつけましょう。