キンカロー

マンチカンとアメリカンカールのハーフである「キンカロー」

「キンカロー」は別名「マンチカール」と言われることもあるマンチカンとアメリカンカールの2つの人気種をかけ合わせた品種です。

マンチカンと言えば日本でも大人気の猫種としてすっかり定着をしており、まるでダックスフンド犬やコーギー犬のような長い胴と短い脚が特長になっています。

もう一方のアメリカンカールも独特の風貌を持った猫であり、正面から見た時にくるんと後ろ側にカールしたようになっている耳の形が特長です。

キンカローはこうした得意な見た目をしている2つの猫種を合わせた品種であり、カールをした耳の形と短い足という両方の特長をそのまま受け継いでいます。

交配が始められたのは1990年代からということもあって猫種としての歴史はまだ浅く、ブリーダーの間でも交配に失敗することもよくあるようです。

世界的な団体であるTICAにおいてはこのキンカローはまだ「実験種」として認定されており、一般的なペットショップや猫に関するガイドには掲載されていないことがよくあります。

なおキンカローという名前は「Kinkalow」と表記し、英語の「kinky(縮れた)」と「low legs(短足)」という言葉を合わせたものとなっています。

性格的には飼育がしやすいものの成長してみないとわかりません

キンカローは猫の品種の中でも性格的に飼育がしやすい2つの種類を交配したということもあり、飼育において特に不都合を感じるということはありません。

あえて難を言うとするとブリーダーの数が少ないことから手に入れることが難しいということと、交配した子猫を譲り受けても思うように成長してくれないことがよくあるということがあります。

キンカローの最大の特長となっているのは耳の形で、正常に品種として成長をした場合にはちょうど耳が丸くカールしたようになります。

耳の形が特徴的な猫としては日本で大人気のスコティッシュフォールドなどがいますが、こちらの品種も100%同じような形に成長するというわけではありません。

子供の時には独特の形をしていたはずの耳が、成猫になるにつれて元に戻ってゆきいつしか普通の猫と同じ三角形になってしまうことも珍しくありません。

日本においては滅多にペットショップで売られているのを見かけないキンカローなので、購入にはどうしても海外のブリーダーと行うことになります。

そのため成長してから思うような耳の形状にならなかったということについて、クレームを入れることができにくいという問題があります。

キンカローを飼育する場合にはそうした成長のリスクも理解し、いざ思うように成長しなくてもきちんと最後まで飼い続けるという気持ちが必要です。