メヌエット

短足遺伝子を持ったペルシア猫

メヌエットは、旧名「ナポレオン」と呼ばれていたこともある2015年にアメリカで誕生した品種です。
見た目の特長は豊かな長毛と長くて大きな尻尾、潰れ気味の鼻と小さ耳です。

もともとの品種が誕生したのは1996年のことで、短足遺伝子を専門にしていた犬種ブリーダーの米国人ジョセフ・スミスが短足猫のマンチカンの存在を知り、新しい品種の交配に乗り出しました。

犬のブリーダーであったジョセフがなぜ猫の交配を始めたかというと、それはマンチカン品種として生まれてきた猫達が、成猫になるに従って足が伸びてきたために捨てられることがあるという事実を知ったからです。

これは短足遺伝子がきちんと定着をしていないことが原因でもあるため、ジョセフは独自にしっかり短足猫として成長できる品種を作り出すことを目指しました。

そこで短足の猫たちとペルシア猫を交配し、その後ヒマラヤンやエキゾチックショートヘアといったペルシア猫に近い品種とも掛け合わせていくことでメヌエットの原型を完成させます。

その後になかなかうまく種として定着しないことからジョセフは一旦ブリーディングを諦めてしまうのですが、研究を別のブリーダーが受け継ぎ2015年からは名称も変更してさらに研究が進められています。

まだ発展途上にあるミヌエットはCFAなど品種認定団体によっては種として認めない立場がとられており、そのためキャットショーや展示会などで見かけることはほとんどありません。

当然日本国内のペットショップに並ぶようなこともまずなく、欲しい場合には海外のブリーダーと交渉をすることになります。

その際にも確実に思ったような成長をするとは限りませんので、購入前にはしっかり理解をしておくべきでしょう。

おおらかな性格は飼い猫にとても適しています

ミヌエットが品種として定着しない理由の一つとして、条件が非常に厳しいということがあります。
もともと定着が難しい短足遺伝子に加え、顔つきに丸みがあり、ペルシア猫ほどではないくらいに鼻先が潰れていなければいけないという微妙なバランスが求められます。

思うように遺伝子が定着してくれたメヌエットは、触り心地のよい滑らかな被毛と、大きくてフワフワとした尻尾を持った非常に魅力的な猫となります。

性格もペルシア猫らしい人懐こさと、マンチカンらしい活発さの両方を引き継いでおり、初対面の人や新しい環境にも比較的すぐに慣れることができるおおらかさがあります。

子猫のうちは元気があり、成猫になってくるとどっしり落ち着いた雰囲気が出てくるので、長く一緒に暮らしていくうちにますます多くの魅力を発見することができるのではないかと思います。